ライフパーク倉敷 その1

ライフパーク倉敷

(倉敷科学センター)日記(2000.12.10)
1年くらいまえ『るるぶ岡山』にでていたライフパーク倉敷。いつか行きたいなと思っていたtaeですが、とうとう行って参りました。予想以上のグッドな企画に家族みんな(rieはどうかな?)すっかりはまってしまいました。


■なんといっても全天周映画に感動!
今回上映されていたものは『スペシャル・エフェクト』45分。映画誕生100周年と、特殊効果を大きく進歩されてきたテクノロジーの功績を祝う映画で、『スターウォーズ』や『キングコング』や『インディペンデンス・デイ』での特撮シーンなどのトリックを見せてくれます。これが全天周の巨大スクリーンで展開されるので、もう大迫力!!自分が動いているような感じで、三半規管のおばかな私はちょっとムカムカしてきちゃったけど、最後まで楽しめました。yasも結構大興奮で、楽しそうでした。rieにはちょっと刺激が強すぎたようで、『おしっこでそう』と固まった表情で言い出したため、ダーリンに担がれて、途中退場となりました。これは2001年 1月14日まで上映されているので、もう一回見に行きたいな。とにかく大迫力で、臨場感がすごいです?。

■プラネタリウムはクリスマスバージョン
全天周映画と同じ場所で、今度はプラネタリウム。プラネタリウムといえばいつも県立児童会館の古びたつぎはぎ背景のプラネタリウム(まあこれはこれでお気に入りなんだけど)だったんだけど、今度のは設備が新しい音響もいいし、なんといってもスクリーンがでかい。スムーズに天球が回転するので、やっぱり自分が動いているみたいで、三半規管がおばかな私にはちょっときつい。rieは今度は、始まる直前に『おなかがすいた』と言って、ダーリンと再び退場。まあダーリンはどうせ暗くなるとすぐ寝ちゃうのでいいんじゃないかな。内容はその日の星空の説明とクリスマス関係の星の話で、『ベツレヘムの星』と『クリスマスツリーの星』の話だった。まあ内容は子供むけなのでこんなもんだろう。yasに、今までのプラネタリウムと今回のとどっちがいいか聞いてみたら、こっちのほうがいいと言っていたので、これからちょくちょくおじゃましよう。

■展示室もいろいろ
展示室はシンボルゾーン(H?ロケットやワットの蒸気機関など発明の数々の紹介)、物質の科学、Q&Aコーナー、倉敷の産業、宇宙の科学、情報の科学、生命の科学といろいろあるけど、幼児にはちょっと難しいかな・・・。

■その他

今回は覗けなかったけど、天気のいい日には太陽観測会(屋上の天体望遠鏡で太陽の観測ができる)があったり、図書室があったり、各種講座が開かれていたり、とにかくここは盛りだくさんだ。う?ん、すばらしい。

■お財布に優しい
 ここは安い。本当に安い。幼児はただ。大人でも600円で全天周映画とプラネタリウムが見られる。プラネタリウムは始まる直前に出てしまったダーリンは200円返金してくれたそうだ。なんて親切なんだろう。展示室は400円で何度でも入室可。太陽観測会はタダだ。だから一人1000円でかなり楽しめる。わが家からはちょっと遠いのが難点だが、たまにならいいだろう。喫茶室もついているのでお腹がすいたらちょっと食べられるのかな。覗いていないのでどんなものがあるのかは不明。

[ 戻り先 レジャー | セクションのトップページ ]

このページの先頭へ

サイト内検索

最新のコメント

Link

トピックス

Copyright - © tae since 2000.11 All Rights Reserved
Web site engine's code is Copyright © 2002 by PHP-Nuke. All Rights Reserved. PHP-Nuke is Free Software released under the GNU/GPL license.