ライフパーク倉敷 その2

ライフパーク倉敷その2(2001/04/22)

天気もいいし、遊園地疲れを解消するのにもちょうどいいかなと、再度ライフパーク倉敷に行ってまいりました。今回は太陽観測が目標だったんだけど、子ども会などの団体さんが多くって、プラネタリウムと全天周映画をあせって予約したため、あとで調べてみたら太陽観測の時間帯とプラネタリウムがだぶっていて、それに気付いたのがプラネタリウムが終わってからだったので、またまた、太陽観測はおあずけになってしまった。前回行ったときは、お客さんはまばらだったんだけど、春はみなさんアカデミックな気分になるのか、かなり大勢いて、びっくり。幼児にはちょっと刺激が強すぎてなかなか楽しめないけど、小学生くらいの子供会の企画には確かにいい場所かもね?。安価だし?。子供達はおとなしく、ちゃんと座って見ていました。

■プラネタリウム:標的は地球 ?天体衝突の脅威? 2001年 6月24日まで
 天体衝突の脅威や衝突回避に向けての現在の試みなどが紹介されています。アメリカのアリゾナだったか、どこかのクレーターの映像が映し出されたときには、そこに落ちていくような感覚が味わえて、ちょっと三半規管ぐるぐるになれます。
 はじめに今日の天体の説明があって、春の大曲線の見つけ方とか、夜中になると夏の大三角が見られることなどを教えてくれます。何だかプラネタリウムってとっても好きなので(ガラスの仮面の真澄様と同じ趣味?)何回でも見に来たいです。実際に夜空を見上げることは少ないけど・・・。

■全天周映画:ミステリーズ・オブ・エジプト 2001年 7月 8日まで
 江守徹さんの渋いナレーションで語られる、エジプト古代遺跡の神秘。とってもリアルな映像が美しくって、人間一人じゃあまりたいしたことはできないけど、大勢の力ってすごいな?と、真摯な気分になれます。私たちの時代って何千年か後にはゴミしか残せないんじゃないかと思うので、なんだか情けない気分にもなれます。砂漠の中の巨大遺跡が本当にきれいです。途中にご親切にもナイルの源流から超猛スピードで下流まで川くだりしていくシーンがあって、滝やら、渓谷やら、ぶんぶんぶっとばされて、三半規管ぐるぐるで、スピード感が刺激が強すぎて思わず目をつぶってしまうようなところもあります。スリル満点です。ちょっと吐きそうになるのが難点。yasくんもお気に入りだったのか、小学校の絵の宿題にギザの三大ピラミッドの絵やツタンカーメンのお面の絵を描いていました。ちょっと説明がないとなんだかわかんない絵なので、一言コメントを添えさせました。

yasのかいた絵

  両方プログラムが改変となる夏休み中にまた行くぞ?!!
今度こそ太陽観測だ!!







記事の参照先 こころあてに・・・
http://taej1.jp

この記事のURL :
http://taej1.jp/modules.php?name=Sections&op=viewarticle&artid=33