パソコンのカスタマイズ
パソコンのカスタマイズ

Windows7: chromeでフリーズ

2013年 6月 06日(木曜日) @ 08:38:04 JST
最近私のパソコン(CF-S8)が不調で、chromeで動画を見たり、リヴリー(やる気はないんだけど、死んじゃうのもなぁ・・・で、惰性で)起動したりすると激重で、動画は途切れるし、音は雑音まじりだしkao13
Firefoxは多少はマシなんですが、やっぱり不調。
一番まともなのはIEだったので、しばらくは動画はIEで見てました。

リソースモニタを見てみたら、メモリはがら空きで、CPUが100%張り付きになっていました。
とりあえず、不要な常駐アプリをアンインストールして、不要だと思われる自動起動のサービスを手動もしくは無効にしてみましたが、ほとんど改善しませんでした。

で、昨日動画を見ている最中に画面が暗転して、音だけの状態に・・・
そのうち音もならなくなり
ctrl+alt+delなどを連打してても埒が明かず・・・
しばらくほっといてみたら、パナソニックの青い初期画面が表示され、またまた暗転。
電源長押で切って、電源を入れなおしてみたら、パナソニックの青い画面のつぎに、暗転。
こりゃダメかなと放置してたら、ものすごい激遅状態で「Windowsを再開しています」の画面になりました。
スリープ状態だったんですね・・・激遅だけど・・・再開してるんだ・・・

なんとか再度起動したので、シャットダウンして起動しなおして、googleさんにお伺いをたててみました
chrome flash cpu


去年あたりから、ご同輩がたくさんいらっしゃったようですね。
確かに去年辺りからリヴリーがchromeだと激重になってました。
動画が本格的にダメになったのはそんなに前じゃないような気がしてますが、重かったのはたしかです。
]YouTubeなどChromeでの動画再生が重い...
↑このスレッドでは解決に至っていないようですね。今はどうなんでしょう・・・
Radiko.jp Flash Player更新後にCPU使用率が上昇し、他のアプリに影響が出た
↑こちらのブログでは、chromeとflashplayerをインストールしなおして解決しているようです。
Google Chromeが何か重い件 適当メモ
↑一番最初のgoogleの掲示板にもありましたが、flashplayerのプラグインの無効化で一定の効果が得られました。動画再生時にcpuは100%張り付きじゃなくて、負荷が高い状態は続いていて、時々100%ぐらいにはなりました。
あるときから動作がすごく重くなったので、もうchromeやめようかなと思ってたんですが、スマートフォンとの連携がスムーズにできる利点が捨てがたく・・・
さっさと対策しとけばよかったんですが、この頃はメインではスマートフォンつついてたので・・・

少しでも改善してよかったです。すごく軽くなったというわけではありませんが、firefoxも重いので、同等になったかなって感じです。firefoxもなにか改善手段があるのかな・・・
ちょっと前にどっちのブラウザも重すぎて、サブで使っていたfirefoxはインストールし直して、拡張ほぼなしという状態で使っています。
なんかパワー不足を感じてますが、もうちょっとこのパソコンには頑張って欲しいです。

ironに変えようかな・・・

オープンソースブラウザChromiumからの派生ブラウザでironっていうのが軽いという噂を聞いたので、インストールしてみました。Google ChromeもChromium派生ブラウザなので、見た目はほぼ同じです。
操作感にも差はありません。
管理機能も同じです。
googleアカウントでログインすると、Chromeの情報が引き継がれるので、どっちを使っているのかわからないような感じです。
私が使っていた拡張では、roboformの拡張が使えませんでしたが、roboform liteは使えました。
でもやっぱりliteじゃ動作が遅いので、拡張のインストール方法を検索。
SRWare Iron使ってみたよ。
↑こちらにその方法が載っていました。
おかげでめでたくroboform拡張が使えるようになり、操作性もchromeと同等になりました。
リソースモニターを見た感じと、実際に使った感じでは、確かにironのほうがCPU負荷も小さいし、画面表示も速いような気がしました。
しばらくこちらを使ってみたいとおもいます。

かなり改善はされましたが・・・

あまり使わない拡張を無効化したりして、かなり改善されましたが、何かのタイミングでCPU使用率が上がって、動画再生時に音割れ状態になります。
リソースモニタを見ながら動画再生を何度かやってみましたが、特に音割れのタイミングで何かのプログラムが動いているという気配はありません。
プロセスイメージ名をしばらく眺めていたら、ちょっと気になったのがaudiodg.exe
これはいったい何?ということで、検索してみると、これがCPUを占有するというようなトラブルがヒットしました。
Intel Sonic Focus Driver Problems
↑文章長いのでちょびっとしか読んでませんが、こんなのもありました。
コントロールパネルのサウンドで、スピーカーのプロパティで、「Sonic Focusプロセスを有効にする」というオプションがあって、こちらが有効になっていたので、とりあえず無効にしてみました。パソコンの内蔵スピーカーの音に思い入れはないので、しばらくこれで試してみたいと思います。
新しいドライバとかあるのかなぁ・・・・探すのめんどくさいので・・・また今度b-kodoku

この状態でパソコンを使ってみると、動作はかなり軽くなった実感があります。音はなんか小さくなっちゃいましたが、もっさりしていて、バリバリ音がするよりも快適です。

スピーカーのプロパティsvchost.exe (audiodg.exe) がCPUを占有する / Windows 7 Ulitmate 64bit
↑こちらで紹介されている対策を入れてみました。スピーカーのプロパティは初期値に戻しました。
ちょっと動画再生してみた感じでは、CPU使用率もいい感じです。
しばらくこれで試してみようとおもいます。




taetae 投稿日  2013年 6月 06日(木曜日) @ 08:38:04 JST

人気の記事

しきい値

投稿文の内容についての責任は投稿者に帰します。


お名前: [ ユーザ登録しませんか? ]

Title:


Comment:

  
文末にアイコンを挿入


許可されたHTML:


|
カスタマイズ カスタマイズ
  「Firefox 5」の“リリース候補版”がでたので | Dell Venue 8 Pro 3000 32GB WiFi Office Personalモデル ホワイト 
このページの先頭へ

トピックス内新着記事

サイト内検索

最新のコメント

Link

トピックス

Copyright - © tae since 2000.11 All Rights Reserved
Web site engine's code is Copyright © 2002 by PHP-Nuke. All Rights Reserved. PHP-Nuke is Free Software released under the GNU/GPL license.